クラウド グラフィックスプロセシングユニットとは

最近、クラウド GPUという言葉を耳にする機会が増えていると思いますが、知らない方にクラウド GPUをわかりやすく説明できる方は、意外と少ないのではないでしょうか。
実際にわたしも、耳にはするけどよくわからない状況でした。
会社で導入が決定したので、これを機に調べてきました。

クラウドとは、インターネットを使ってサービスを利用することです。
ストレージなどでわたしも使っていますので、この意味はわかります。
GPUは、CPUの事だと思っていたのですが、Graphics Processing Unitのことだということです。
GPUは主に3Dグラフィックスなどの膨大なデータを処理する際に使用されるプロセッサということです。
ちなみにパソコンに搭載されているCPUは、「Cetral Processing Unit」の略称になります。Graphics Processing Unitの日本語訳は画像処理装置、CPUは中央演算処理装置ですので、似ているようで内容は少し異なります。

Graphics Processing Unitを使うためには、GPUが搭載されたパソコンを使う必要があります。
会社でも3Dグラフィックス専用のパソコンがありましたが、かなり高額だったため、順番待ちをして使っていましたが、クラウド GPUがあれば、そういった心配はありません。
M:CPPには、より詳しい情報が掲載されていましたので、更に調べてみようと思っています。